top of page
検索

「大多数のアメリカ人は上院でトランプが有罪になると考えていないし、弾劾裁判中継を見ることもない」 

(シカゴ発「アメリカの現実」ニュース)


(以下、2月9日ラスムッセン・レポートより引用)

『すでにトランプ前大統領の上院での「弾劾裁判」が三日目に入った。ラスムッセン・レポートでは、「アメリカ人有権者の11%だけが、上院でトランプが「重罪か軽犯罪」で有罪になる」と考えている。その他20%は何かの有罪になると考えている。28%は「上院はトランプを有罪にできない」、36%は「上院での有罪は全く有りえない」と答えた。』(引用終わり)



先月、米下院は前トランプ大統領を1月6日の上下院合同会議での暴徒の乱入を煽ったと非難して、大統領弾劾動議を通した。この弾劾が可決するためには、上院で3分の2の投票が必要になる。すでに、下院では過半数で通過するため、若干民主党議員が多い下院はたった2時間の議論しかせずこの動議を通した。


バイデン民主党と反トランプ一本槍の米主要メディアが大騒ぎをして、この「前大統領の弾劾と罷免?」をトランプが大統領職を去った後も依然として民主党はこの茶番を行なっている。



まず行われたのは、この大統領弾劾裁判が「大統領が現職を離れた後に弾劾をすることが合衆国憲法で合憲か」の採決が上院で行われた。これに関しては早くから合衆国憲法に精通する法学者たちからこの行為は憲法に違反するという意見が多かった。それでも民主党寄りの弁護士からは当然合憲だという意見があった。



この合憲かどうかの上院での判断は過半数が必要なため、現在50人対50人の中で、6人の共和党からの造反者が出て通過した。しかし上院での大統領弾劾動議がとおるためには上記のように3分の2(17人)が必要だがそれにはほど遠い人数だ。つまり、この弾劾動議が通過する可能性はゼロだ。民主党もこの動議が可決する見込みはまずないと考えている。

しかし、なぜそれをやるのか?


私は、以前からのFB記事で何度も書いているが、バイデン民主党と主要メディアは、トランプ前大統領に投票した7500万人を背景とする彼の影響力をまだ非常に恐れている。


そしてその恐怖心からありとあらゆる手を使ってでも彼の「影響力の剥ぎ取り」を画策している。今後、この動きはまだ続くだろう。例え弾劾動議が否決されても、あらゆる考えつくでっち上げを作り出してそれを行なってくると予想される。2016年トランプが大統領になる前から、「ロシアゲート」をでっち上げ、4年に渡ってトランプを「弾劾」するべく、民主党は主要メディアとビッグ・テックカンパニーとタッグを組んで行なってきた。



しかし、この弾劾動議が否決されるあたりから、トランプ陣営は様々な反撃に出ると予想している。そのやり方はいくつもある。

これも私が過去のFB記事で書いているが、トランプは大統領職を離れた方がよりフリーハンドに活動しやすいのではないかと私は考えている。大統領にある方がどうしても受け身にならざるを得ない。



現在のバイデン大統領は、叩けば埃だらけの人間だ。中国からの家族への巨額マネー、家族の脱税、マネーロンダリング、その他いくつもの疑惑を抱えている身だ。


さて、トランプ陣営は、この後徐々に攻撃体制を準備していることは明らかだ。


https://www.rasmussenreports.com/public_content/politics/trump_administration/most_voters_don_t_expect_senate_to_convict_trump_won_t_watch_impeachment_trial?utm_campaign=RR02092021DN&utm_source=criticalimpact&utm_medium=email%E7%8F%BE%E5%9C%A8%E3%81%AE%E3%83%90%E3%82%A4%E3%83%87%E3%83%B3%E5%A4%A7%E7%B5%B1%E9%A0%98%E3%81%AF%E3%80%81%E5%8F%A9%E3%81%91%E3%81%B0%E5%9F%83%E3%81%A0%E3%82%89%E3%81%91%E3%81%AE%E4%BA%BA%E9%96%93%E3%81%A0%E3%80%82%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E3%81%8B%E3%82%89%E3%81%AE%E5%AE%B6%E6%97%8F%E3%81%B8%E3%81%AE%E5%B7%A8%E9%A1%8D%E3%83%9E%E3%83%8D%E3%83%BC%E3%80%81%E5%AE%B6%E6%97%8F%E3%81%AE%E8%84%B1%E7%A8%8E%E3%80%81%E3%83%9E%E3%83%8D%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%80%81%E3%81%9D%E3%81%AE%E4%BB%96%E3%81%84%E3%81%8F%E3%81%A4%E3%82%82%E3%81%AE%E7%96%91%E6%83%91%E3%82%92%E6%8A%B1%E3%81%88%E3%81%A6%E3%81%84%E3%82%8B%E8%BA%AB%E3%81%A0%E3%80%82&fbclid=IwAR0vodk8Y5-RCYoChNOl41Ip1l1pc859H6ar9rAwDBkeesNjC85FMd1GBHw

閲覧数:13回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「CPAC 2021が始まった」トランプはどこにも行かない!

「CPAC 2021が始まった」 フロリダ州オーランドで開かれているCPAC(保守政治行動会議)の第一目がいよいよ始まった。 それぞれのスピーカーは、「キャンセル・カルチャー」、「中国」、「ビッグテック問題」、「ニューヨーク州知事クオモ」について語った。彼らに共通していたことは、前大統領トランプへの熱烈な支持であった。 「共和党はカントリークラブのような党ではない。共和党は、鉄工場労働者、建設労働

「CPAC21開始、トランプ前大統領反撃の狼煙!」

アメリカでは、いよいよ2月26日からCPAC(保守政治行動会議)が始まった。今回スピーカーには熱烈なトランプ支持政治家や活動家が多く参加している。 最終日の日曜日にはトランプ前大統領のスピーチの予定だ。 ミッチ・マコーネル院内総務や共和党内反トランプ代表格のミット・ロムニーなどは招待されなかった。当然だろう。この会議には私がアメリカで追ってきた何人もの保守系議員や活動家がスピーチをするので、ここ数

「第45代アメリカ合衆国大統領トランプ氏の声明」

(シカゴ発アメリカの「現実」ニュース) (2月17日スピーチほぼ全訳) 共和党は、ミッチ・マコネル上院議員のような政治的な「指導者」が舵を取っている限り、二度と尊敬され、強くなることはできない。マコーネル上院議員は、政治的に優れた洞察力、知恵、手法、そして人格が欠如している。彼は、現状維持の政策に終始し、これによって共和党は上院院内多数派から少数派に落ち込み、悪化を続けている。民主党とチャック・シ

Comments


Post: Blog2_Post
bottom of page