top of page
検索

『米国有権者は「バイデン政権でアメリカの分断は更に進んでいる」と統計』

『米国有権者は「バイデン政権でアメリカの分断は更に進んでいる」と統計』

(シカゴ 2021年1月31日 アップデート)


(2021年1月27日統計)

ラスムッセン・レポートでは、昨年の大統領選からほとんどの有権者は更にアメリカで分断は進んでいると考えている。

また、バイデンがアメリカを一つにする(ユニティ)できると信じる人は五人に一人もいない。

56%の有権者は大統領選から更にアメリカの分断が進んでいると答えた。16%の有権者はアメリカは一つになってきていると語り、22%がほぼ変わらないと答えた。


1月6日の議事堂乱入事件に対して、バイデン民主党は「トランプ大統領が事前のスピーチで暴力を煽った」と虚偽のでっち上げを元に、既に大統領職を離れたトランプ前大統領を「弾劾」するという米国憲法違反ともいえる政敵への報復を行っている。それだけでなくトランプを支持してきた共和党議員を狙い撃ちにして、それら議員たちもトランプと同罪と言っているだけでなく、民主党プロパガンダ・メディアと結託してトランプへ投票した7500万人もそれら暴力を礼賛する危険分子だというトンデモナイ発言を始めている。

驚くべきことは、民主党とその一味の主要メディアは、「トランプはスピーチで暴力を煽った」と言っているが、スピーチの全てを詳細に読むと、そのスピーチに一切暴力を煽ったという発言はない。「平和的に愛国者として議事堂にマーチしよう」と言っているが暴力を煽った言葉はどこにもない。


そのため、民主党とフェイク・メディア媒体のただ一つも、大統領のスピーチのどの部分が暴力を煽ったかの「引用をしたもの」はない。これが現実だ。


これに対して、昨年11月の選挙で新たに共和党下院議員に当選したマージョーリー・グリーン議員は、バイデン大統領職務開始の初日に「バイデン弾劾動議」を提出した。これは、「バイデンは副大統領の時に、ハンター・バイデン金銭疑惑なので副大統領の職権を乱用しバイデン家に多額の外国企業からの黒い金を受けてきた」ことなどが理由で、大変勇気のある行動だろう。しかし、共和党院内総務のケビン・マッカーシーは今はその時期ではないが彼女は下院議員としてその権利はあると語った。


グリーン議員は、当選時から陰謀論と言われるQアノンを支持していたことで物議を醸していた議員だ。

しかし、民主党はこのようなトランプを狂信するような議員は即刻処罰するべきだと、マッカーシー議員や共和党下院幹部へ圧力をかけている背景がある。

正に、現在ホワイトハウス、上院、下院を握った民主党はその権力の乱用の限りを尽くし始めている。

これに対する対価は恐ろしく高いものに付くことだろう。


閲覧数:25回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「CPAC 2021が始まった」トランプはどこにも行かない!

「CPAC 2021が始まった」 フロリダ州オーランドで開かれているCPAC(保守政治行動会議)の第一目がいよいよ始まった。 それぞれのスピーカーは、「キャンセル・カルチャー」、「中国」、「ビッグテック問題」、「ニューヨーク州知事クオモ」について語った。彼らに共通していたことは、前大統領トランプへの熱烈な支持であった。 「共和党はカントリークラブのような党ではない。共和党は、鉄工場労働者、建設労働

「CPAC21開始、トランプ前大統領反撃の狼煙!」

アメリカでは、いよいよ2月26日からCPAC(保守政治行動会議)が始まった。今回スピーカーには熱烈なトランプ支持政治家や活動家が多く参加している。 最終日の日曜日にはトランプ前大統領のスピーチの予定だ。 ミッチ・マコーネル院内総務や共和党内反トランプ代表格のミット・ロムニーなどは招待されなかった。当然だろう。この会議には私がアメリカで追ってきた何人もの保守系議員や活動家がスピーチをするので、ここ数

「第45代アメリカ合衆国大統領トランプ氏の声明」

(シカゴ発アメリカの「現実」ニュース) (2月17日スピーチほぼ全訳) 共和党は、ミッチ・マコネル上院議員のような政治的な「指導者」が舵を取っている限り、二度と尊敬され、強くなることはできない。マコーネル上院議員は、政治的に優れた洞察力、知恵、手法、そして人格が欠如している。彼は、現状維持の政策に終始し、これによって共和党は上院院内多数派から少数派に落ち込み、悪化を続けている。民主党とチャック・シ

Comments


Post: Blog2_Post
bottom of page