top of page
検索

「第45代アメリカ合衆国大統領トランプ氏の声明」


(シカゴ発アメリカの「現実」ニュース)

(2月17日スピーチほぼ全訳)

共和党は、ミッチ・マコネル上院議員のような政治的な「指導者」が舵を取っている限り、二度と尊敬され、強くなることはできない。マコーネル上院議員は、政治的に優れた洞察力、知恵、手法、そして人格が欠如している。彼は、現状維持の政策に終始し、これによって共和党は上院院内多数派から少数派に落ち込み、悪化を続けている。民主党とチャック・シューマーは、マコーネルを意のままに操つり、それを維持したいと思っている。

私たちは、バイデンの「アメリカ・ラスト」ではなく、私たちの「アメリカ・ファースト」のアジェンダが最終的に勝利することを知っている。

2020年、私は7500万票という史上最も多くの票を獲得した。立候補した現職の共和党下院議員全員が勝利するという数十年ぶりの快挙だった。これによって、民主党の15議席をひっくり返し、ナンシー・ペロシを下院議長から引き摺り下ろすギリギリまで追い込んだ。

共和党は98議席の下院議席のうち少なくとも59議席で過半数を獲得し、民主党は1議席も民主党から共和党へひっくり返すことができなかった。

そして、「ミッチの上院議会」では、過去2回の選挙戦で、私は単独で少なくとも12席の上院議席を守り、2020年の選挙だけでも8議席以上の議席を確保した。

マコネルは民主党の2000ドルの個人への景気刺激策小切手に600ドルで答えた。これは民主党に大きく有利に働き、それが民主党への大きな勝因となった。ジョージア州上院決戦投票では多くの共和党員は民主党に投票したか、あるいは投票しなかった。これは無能な共和党知事ブライアン・ケンプ、ブラッド・ラッフェンスペルガー国務長官の両名が、同州の2020年の大統領選での不正防止に対して何ら行動をしなかったことへの共和党有権者の怒りが原因だ。

ジョージア州と他の特定のスイングステート(激戦州)での選挙は大惨事となった。この間マッコネルは何もしなかったし、将来に向けて公正な選挙制度を確保する必要な手段をとることもないだろう。

私の唯一の後悔は、2020年の選挙でケンタッキー州のマコーネルが私の強力な支持を「懇願」し、私は彼に最大限の支援をしたことだ。これによって、彼は1ポイントダウンから20ポイントアップになり勝利した。しかし彼は忘れるのが早い。私の支持がなければ マコーネルは敗北していた。しかし今、彼の支持率は以前よりも低く、彼は上院共和党側を破壊している。そしてそれは、明確に私たちの国を傷つけている。

マコーネルは、彼の家族が極めて大きな中国でのビジネス利権を持っていることで、中国政策についての信頼を得ることはできない。彼はこの中国政府という途方もない経済的、軍事的脅威に何ら行動できない。

ミッチは気難しい、不機嫌な政治家であり、共和党の上院議員が彼と一緒に行動するならば、彼らは再び勝つことはできないだろう。彼はやるべきことをやらないし、国のために正しいことをやらない。必要かつ適切な場合、私は、アメリカを再び偉大なものにすることと、アメリカ第一(America First)の政策を支持する主要なライバルを支援する。私たちは、輝かしく、強く、思慮深く、思いやりのあるリーダーシップを望んでいる。

パンデミックの前に、私たちは、私たちの国の歴史の中で最大の経済と雇用を生み出し、同様に、新型コロナ後の経済回復は、世界で最高だった。税金と規制を削減し、軍を再建し、退役軍人を手厚く遇し、エネルギー自立を手に入れ、壁を建設し、不法入国者の大規模な流入を阻止した。そして今、バイデン政権下では、不法入国者が流入し、石油パイプラインが止められ、税金が上がり、エネルギー自立は消滅し始めている。



https://twitter.com/eyokley/status/1361794974262648837?fbclid=IwAR3E8QwQPh5Hl-XTjHO0LZO6Uvnax4E7VPsxha0AiMF3S1aGixEdLiRIYIk

閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「CPAC 2021が始まった」トランプはどこにも行かない!

「CPAC 2021が始まった」 フロリダ州オーランドで開かれているCPAC(保守政治行動会議)の第一目がいよいよ始まった。 それぞれのスピーカーは、「キャンセル・カルチャー」、「中国」、「ビッグテック問題」、「ニューヨーク州知事クオモ」について語った。彼らに共通していたことは、前大統領トランプへの熱烈な支持であった。 「共和党はカントリークラブのような党ではない。共和党は、鉄工場労働者、建設労働

「CPAC21開始、トランプ前大統領反撃の狼煙!」

アメリカでは、いよいよ2月26日からCPAC(保守政治行動会議)が始まった。今回スピーカーには熱烈なトランプ支持政治家や活動家が多く参加している。 最終日の日曜日にはトランプ前大統領のスピーチの予定だ。 ミッチ・マコーネル院内総務や共和党内反トランプ代表格のミット・ロムニーなどは招待されなかった。当然だろう。この会議には私がアメリカで追ってきた何人もの保守系議員や活動家がスピーチをするので、ここ数

『スティーブ・バノンは「トランプは2024年戻ってくる」』

(シカゴ発「アメリカの現実」ニュース) スティーブ・バノン氏は、2016年の大統領選でトランプの選挙参謀になり、夏までの劣勢を一気に引っくり返した功績で首席戦略官に就任した。彼は元海軍将校でアジアに駐在し、退役後ゴールドマン・サックスで投資銀行業務で中国にも滞在したことがあるアジア通だ。 (2021年2月15日 The Sun紙より) 前ホワイトハウス戦略官スティーブ・バノン氏は、ボストンの共和党

Comments


Post: Blog2_Post
bottom of page